CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ケータイの裏側
ケータイの裏側 (JUGEMレビュー »)
吉田 里織
「ケータイ」の背景にある様々な社会事象を7名の著者が全8章にわたって述べている本書で、私、川中紀行が「ケータイの広告戦略」の章を担当しています。自動車電話に始まる約30年間の携帯電話の(新聞を主とした)広告の歴史を分析。単一商品の、しかもこれほど長期間にわたる広告史はこれまで例がないと思います。
MOBILE
qrcode
一語一絵。
コピーライターを生業とする人間にとっては正しく大御所として知られる
眞木準さんの作品集のタイトルです。眞木さんといえば、(言葉に二重の
意味を込める)ダブルミーニングのキャッチフレーズの名手として有名です。
「家庭で坊やを撮りましょう」とすすめたビクターの8ミリビデオの
「ボーヤハント」や、全日空'86夏の北海道キャンペーン「でっかいどお。
北海道」 なんてキャッチフレーズが、その類ではすぐ浮かびますが、
この書名も同じですね。でもいい言葉からいい絵が浮かぶ

というメッセージが一言で伝わる。単なる駄洒落との差は大きいのです。
| モブログ | 01:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
気楽に行けよ。
ストレスのために利き腕の右手でメスが持てなくなったかつての同僚
安達(袴田吉彦)に自らの生命線である右腕の施術を任せた航平(竹野内 豊)は、
震える右手を押さえる安達にこう呟いたのです
(3日の『TOMORROW』)。
なんだその冷静さは! なんて叫ぶのはやめましょう。この航平、あまりに
クールでカッコよすぎなんですが、毎回心を動かされてしまう感動屋の私がいます。
でも、人が言ってくれなかったら自分で言ってもいいくらいの言葉だな。

世の中に、気楽に行って正解なコトってなんて多いんでしょ。
| モブログ | 08:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
人生は問題解決の連続である
そして「一つ解決しても、また次が来る」と語ったのは、日産自動車・ 社長兼CEOのカルロス・ゴーンさん (14日の『朝日新聞』朝刊/ゴーン道場)。 ゴーンさんは「人生はゲームで楽しいことばかりだと思っていたら悲惨です」 と諭します。現代の若者は挫折に弱いとよく言われますが、私は知りません。 しかし考えてみれば、困難に直面してうろたえるのは誰だってそうでしょう。 そこで正解はこの一つ。失敗してもいい、逃げないということなのです。   ゴーンさんは言います。

問題を避けようとすれば、多くのチャンスを逃す、と。
     


| モブログ | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
受験勉強は知的探求と矛盾しない。
そう語ったのは茂木健一郎さん
4月26日の『朝日新聞』夕刊)。
そして、学習はどの分野でも一生続けられる、と都内の区立中学の生徒たちに
向かって語りかけたのです。これって、先日の明川哲也さんの考え方とよく
似ていますね。受験戦争の勝者でもない私に何を言えるはずもないのですが、
受験勉強は知的基準から見て、あまりに過小評価され悪者にされ過ぎていると
感じます。私は山登りにも似た充実感があって、偏差値も多少上がりました。

合格が頂上を極めるという意味なら、山の名は人生に殆ど影響がありません。       

| モブログ | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
いいってことよ。
この台詞は昭和40年代に人気を博したNHK時代劇「文五捕物絵図」のなかで
若い岡っ引き役だった杉良太郎さんが、一度無実の罪を着せてしまった老人に
言われた言葉です
(16日の『日本経済新聞』朝刊/春秋)。
罪を許すという行為は人間の最も崇高な姿です。私は、商習慣として理不尽な
行いで損害を被った経験がありますが、許せてはいません。でも、
日常のささやかなやりとりのなかで、この言葉は目標になると思います。

自分より他者を尊重する精神で。いいコトバの法則です。目指したい。
       

| モブログ | 06:53 | comments(0) | trackbacks(1) |
| 1/5PAGES | >>