CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ケータイの裏側
ケータイの裏側 (JUGEMレビュー »)
吉田 里織
「ケータイ」の背景にある様々な社会事象を7名の著者が全8章にわたって述べている本書で、私、川中紀行が「ケータイの広告戦略」の章を担当しています。自動車電話に始まる約30年間の携帯電話の(新聞を主とした)広告の歴史を分析。単一商品の、しかもこれほど長期間にわたる広告史はこれまで例がないと思います。
MOBILE
qrcode
命をもらって自分の体が作られていることを感じていたい。

そう語ったのは、「半分、青い。」で冷徹な人妻を演じた
石橋静河さんです
(9月15日の『朝日新聞』夕刊)。
だから「ちゃんとご飯と向き合いたい。食べながら携帯を
いじるのは嫌だなぁと思っちゃう」と述べていました。
こう思えば早食いはなくなるし、素材が何か分かるし、
何より料理を作ってくれた人への礼儀を尽くせます。

 

食べ物を粗末にするのは、命への想像力がないからです。

JUGEMテーマ:食!

 

| 生活 | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
ものの命を取ったら、食べてやらないかん。      粗末にしたらいかん。

害獣駆除のためにシカを撃ったあとで、林業を営む
近藤哲生さんが言った言葉です
(7月10日の『サラメシ』)。
この後、枝を切った手作りの箸で味噌仕立ての鍋を、
ハンター仲間と囲み、命を戴いていました。
食糧危機が訪れるかもしれない国で、注文した料理をわざと
残したり、飲食店の無断キャンセルが後を絶たない現実。私は、

食べ残しができません。しないのではなく、できないのです。

JUGEMテーマ:食!

| 生活 | 07:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
どこでも4km歩いたら“全部ある”           っていうのが東京なんじゃない?  

「糸井さん、東京って何でしょう?」という
インタビューに答えた糸井重里さんの言葉です
(『ブルータス』2月27日号/東京らしさ。)。
「原宿の事務所の窓から神宮球場が見える」環境を
少年時代の球場観戦と比べたのには無理がありましたが、
「新しく何かが建ったとか、うごめいてるんですよ、
いろんなものが」という感想にも頷けます。

 

“全部ある”圧倒的なハードの力、ですね東京。

JUGEMテーマ:おでかけ・散歩

| 生活 | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
食欲は人に見られる唯一の本能。

だからテーブルマナーが大切だと語ったのは、
小倉朋子さんです
(3月30日の『GOLD RUSH』)。
 “食レポ”で100人が100人ともやる“手皿”は、「私は
こぼす確率が高い食べ方をしている」とPRするようなものと
喝破。メインの皿以外は持ってよい。さらに、食べた後の皿も
美しく、おしぼりでカウンターやテーブルを拭かない、など。

 

仕事ができる人はお米の食べ方が美しい。うなづけます。

JUGEMテーマ:公共マナー

| 生活 | 06:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
不自由やハンデがある人にやさしい社会は、      すべての人にやさしい社会になる。

立憲民主党の山花郁夫議員の言葉です
(3月23日の『衆議院総務委員会/NHK予算審議』)。
山花議員はここで、聾の大リーガーとして知られるウィリアム・
ホイ選手が、三振なのに審判の声が聞こえず打席を離れない
事態を防ぐため、判定に(ストライクで手を挙げるなど)動作を
加える提案を行った逸話を披露しました。この動作が広まった
結果、一般観衆まで判定が分かりやすくなったのです。

 

この質疑では、自民党の野田総務相もずっと笑顔でした。

JUGEMテーマ:社会福祉

 

| 生活 | 07:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/14PAGES | >>