CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ケータイの裏側
ケータイの裏側 (JUGEMレビュー »)
吉田 里織
「ケータイ」の背景にある様々な社会事象を7名の著者が全8章にわたって述べている本書で、私、川中紀行が「ケータイの広告戦略」の章を担当しています。自動車電話に始まる約30年間の携帯電話の(新聞を主とした)広告の歴史を分析。単一商品の、しかもこれほど長期間にわたる広告史はこれまで例がないと思います。
MOBILE
qrcode
ボディーラインはメロディーライン。
つまり“体のたるみは音楽に表れる”と語ったのは松任谷由実さんです
(11日の『朝日新聞』夕刊)。
57歳にして全国ツアーを可能にし、イメージを変えぬスタイルを維持
しているのは、1日8キロを走る努力の賜物です。心模様が体形に
直結するか否かは論議を要するところかもしれませんが、私は
うなずけます。私も“食べ過ぎた後は控え、歩けない距離も含めて歩く”
単純ダイエットによって何とか体重をキープしています。

枯れたシックな方向に行くのは70を過ぎてからでいい。正にパワフル。
JUGEMテーマ:人生訓
| イマジネーション(情熱力) | 03:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
ある程度開かれた年寄りも                          いるんだってことを伝えたいからね。
蜷川幸雄さんは、主宰する平均年齢71歳の演劇集団「さいたまゴールド・
シアター」の9月公演の原作を30代の劇作家・松井周に依頼しました
(厳選シアター情報誌『チョイス!』10.05-06)。
人見知りの自分に「新しく出会う劇作家の言葉をちゃんと演出できるか怖かった」
という蜷川さんは、それでも松井さんを指名した理由をこう語ったのです。
人間、年を重ねれば誰も保守的になり、これまでの方法にしがみつくものです。
だから、大家の地位にある蜷川さんのこのチャレンジが素敵だと思いました。

でも、枠を自ら決めないからこそ、正真正銘の一流なのだとも言えますが。
JUGEMテーマ:芸術家の名言
| イマジネーション(情熱力) | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
自分がハードルを高くしてるからかしら。                          それを超えないとやった気がしない。
曲づくりへの姿勢をそう語ったのは、松任谷由実さんです
(5月26日の『歌詞は心の鏡 〜作詞家・松本隆 40年の軌跡〜』)。
松本隆さんから松田聖子さんのための作曲を依頼された時の、ちょっと
抵抗感があったというエピソードが意外でした。呉田軽穂という名前は、
そんな葛藤のなかから生まれた苦肉の策だったんですね。それにしても、
大御所二人のトークは、自らが創る世界への自負にあふれていました。
だからこそ、冒頭のこの言葉に結びつく訳なのですが。さて、次は松本さんです。

つくってる時から、いわれない自信がある。      そうこなくちゃ。
JUGEMテーマ:芸術家の名言
| イマジネーション(情熱力) | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
何も言うことはありませんから仕事をやりましょう。
95歳で手がけた新作「石内尋常高等小学校 花は散れども」のクランクインの
際にスタッフに向けて言った新藤兼人監督の言葉です
(17日の『ニュースウォッチ9 /“これが最後の新作”新藤兼人98歳の挑戦!』)。
言うことは何もない、なんて言いながら、この「仕事」という言葉に、プロとしての
クオリティの高さを暗黙のうちに求めているのでしょう。逗子の披露山の山頂にある
カフェに新藤監督がよく来られていたと、取材に訪れた際に聞いた覚えがあります。
だから私と新藤監督の間には、同じ椅子に座ったという関係はあるのですが。

「仕事」にはすべからく暗黙の水準がある。プロとは何かを肝に銘じて進みたい。
JUGEMテーマ:芸術家の名言
| イマジネーション(情熱力) | 00:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
ロックンロールがそこにある限り、                         グローイングアップはすたれることはない。
いつも新たな試みを考えているような佐野元春さんの言葉です
(『ブルータス』3/1号 日本のロック愛)。
少年が大人になる過程を自分で見つめていく、ロックンロールは自我の歌だと思う。
これも佐野さんの言葉ですが、だからこそ‘グローイングアップ’は永遠という
ことなんですね。実は私、佐野さんと同い年。50歳を過ぎてグローイングアップ
なんて嘘っぽいですが、じつは嘘でもなんでもない。成長を信じていなければ
こんなブログやっていません。佐野さんはロックンロールをこうも表現します。

やがて大人になれば視点を変えて「僕は大人になった」と歌うだろう。
JUGEMテーマ:ROCK
| イマジネーション(情熱力) | 01:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/5PAGES | >>