CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ケータイの裏側
ケータイの裏側 (JUGEMレビュー »)
吉田 里織
「ケータイ」の背景にある様々な社会事象を7名の著者が全8章にわたって述べている本書で、私、川中紀行が「ケータイの広告戦略」の章を担当しています。自動車電話に始まる約30年間の携帯電話の(新聞を主とした)広告の歴史を分析。単一商品の、しかもこれほど長期間にわたる広告史はこれまで例がないと思います。
MOBILE
qrcode
ミスは、自分の強さに、美しさにつながる。

と、必要以上にミスを怖れる悩みを打ち明けた新体操の
皆川夏穂選手に、吉田沙保里さんが送った言葉です
(7月14日の『アスリートの魂〜悩める妖精の大変身
新体操・皆川夏穂選手』)。
番組では「人に見られるのは好きじゃない」と言う自身と
闘う皆川さんの姿が紹介されていました。全てのアスリートが
こんな風に、自分自身の弱さと闘っているのでしょうね。

 

世界の舞台で、“強い”皆川さんに期待します。

JUGEMテーマ:スポーツの名言

 

| スポーツ(日本人/女性) | 11:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
目の前に壁があったら、それは成功のためのチャンス。

難聴の障がい者リポーターとして活動する後藤佑季さんが、
仙台大学で活躍する聴覚障がい者ランナーの佐々木琢磨さんの
姿を見て発した言葉です
(7月8日の『サンデースポーツ』)。
一般の陸上部員たちに手話を覚えてもらい、助言を受ける関係を
築く佐々木さんは、聴覚障害者スポーツの祭典「デフリンピック」
4×100mリレーで、日本を史上初の金メダルに導きました。

 

ハンディキャップを乗り越える力の凄さ。

JUGEMテーマ:スポーツの名言

| スポーツ(日本人/女性) | 06:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
一段、一段、レンガを積む。

夢をかなえるために必要なこととして、
澤穂希さんが挙げた言葉です
(6月10日の『FOOT×BRAIN』)。
「基礎になるものを積み上げていく」と言われていましたが、
都並敏史さんの言う通り「小さな努力でいい気がする」
言葉でした。確かにレンガは手で積めますが、いい加減には
積めない気もして、地道な努力をよく言い表した表現ですね。

 

しかし、レンガは積み忘れる。

JUGEMテーマ:人生訓

 

| スポーツ(日本人/女性) | 05:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
いいコトを考えると、いい身体になる。

2014年の冬季ソチ五輪で銀メダルを獲得したスノーボード
アルペンの竹内智香選手の言葉です
(5月20日の『FOOT×BRAIN』)。
水に「ありがとう」やいい音楽を聞かせるのと、悪趣味な
言葉や音楽を聞かせるのとでは、結晶に違いが出るのだそう。
人体の60%は水分ですから、いいコトを考え、言葉に出すように
なれば、いい身体になっていくという理屈です。

 

メカニズムはどうあれ、心してよい「コトバ」です。

JUGEMテーマ:スポーツの名言

| スポーツ(日本人/女性) | 06:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
同じ人間だから、そこ(世界記録)に行けないわけがない。

今年の日本選手権を前に池江璃花子選手が語った言葉です
(4月7日の『アスリートの魂』)。
その言葉通り、この国内トップレベルの大会で彼女は、
出場全種目での日本記録で6冠達成という快挙を成し遂げました。
「正直、限界はないと思ってる。むしろその上に行ける」。
17歳のエネルギーに満ちあふれたこの言葉。いや、この若さ
だからこその、この自信なのかもしれませんが、強すぎる。

 

もう、この17歳に「近づきたい」と言うしかありません。

JUGEMテーマ:スポーツの名言

 

| スポーツ(日本人/女性) | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/21PAGES | >>