CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ケータイの裏側
ケータイの裏側 (JUGEMレビュー »)
吉田 里織
「ケータイ」の背景にある様々な社会事象を7名の著者が全8章にわたって述べている本書で、私、川中紀行が「ケータイの広告戦略」の章を担当しています。自動車電話に始まる約30年間の携帯電話の(新聞を主とした)広告の歴史を分析。単一商品の、しかもこれほど長期間にわたる広告史はこれまで例がないと思います。
MOBILE
qrcode
どんなに才能や手腕があっても、平凡なことを忠実に                          実行できないような若者は、将来の見込みはない。
阪急電鉄の創業者、小林一三の言葉です
(10月25日の『日本経済新聞』春秋)。
実はこのコラムの筆者は、ふざけた食品偽装に対して
この言葉を使ったのですが、若い時代に必要な下積みの
大切さも当然、語っています。「平凡なことを忠実に」と
言うと、まず挨拶を徹底させた久光製薬スプリングスの
中田久美監督を思い出しますが、仕事も全く同じです。

文句を言うなら、独立しろ。    私もそうでした。

JUGEMテーマ:ビジネスの名言

| ビジネス(企業/人事) | 00:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
今回は100パーセントうまくいかなかったけど、                         こういうことが学習できたね。
そう言ってもらえる職場環境が必要だと語ったのは
鈴木みゆき・ジェットスター・ジャパン代表取締役です
(9月14日の『日本経済新聞』私のひきだし)。
主に女性に向けられた文脈でしたが、男性も同じで
しょう。一般企業のビジネスの場を離れて遠い私には、
現在の一般的な職場環境というものが分かりませんが、
これは自分自身にこそ通用するものでしょう。

100%を追わないことは、人生の真理のようです。

JUGEMテーマ:ビジネスの名言
 

| ビジネス(企業/人事) | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
世の中には2種類の人間しかいない。                      できる方策を探す人と、できない言い訳を考える人。   
楽天の創業者で代表取締役会長兼社長の
三木谷浩史さんの言葉です
(『Rakuten ICHIBA DREAM』JUN.)。
「不可能に思えることを、知恵と工夫で可能にする」と
述べられていますが、次元の違いを感じます。
そしてこれは、いつも私に突き付けられている
言葉ですね。つい、言い訳をしてしまう私に。

3日坊主くらいは、できる方策を続けるんですが。
 
JUGEMテーマ:ビジネスの名言

| ビジネス(企業/人事) | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
みんな失敗しながら、ちょっとずつ                          よくなっていくもんやよって。

身重のお客さまの応対でミスを犯し、うつむく優子(新山千春)に
向かって松田(六角精児)がなぐさめた言葉です
 (11日の『カーネーション』)。
この言葉、若い人を想定した物言いですが、人間いくつになっても
「失敗」から学ぶことは多いです。大切なのは、そこで悔やむこと
なく、前向きに失敗を活かすことでしょう。「失敗は成功のもと」
なんて言えばありふれた印象になりますが、

失敗は人を成長させてくれます。実感。

JUGEMテーマ:ビジネスの名言

| ビジネス(企業/人事) | 09:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
自分はその仕事から何を学ぶか、                          人としてどう成長するか。
その視点をもって仕事をしてほしい、と語るのは、(株)はっぴーライフ、
(株)エイチエル代表取締役社長の辻川泰史さんです
(12月19日の『朝日新聞』朝刊/あの人とこんな話)。
給料が安く仕事がきついといわれる介護の仕事の常識を破る経営で
新たな道を歩む辻川さんのこの言葉は、介護がお年寄りと
接するなかで確かに学ぶ機会が多い、という真実を物語っていますが、
どんな仕事にもこの意識が必要ではないかと思うのです。

何を学ぶかを探せば、仕事の見方が変わってきます。
JUGEMテーマ:ビジネスの名言


| ビジネス(企業/人事) | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/5PAGES | >>