CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ケータイの裏側
ケータイの裏側 (JUGEMレビュー »)
吉田 里織
「ケータイ」の背景にある様々な社会事象を7名の著者が全8章にわたって述べている本書で、私、川中紀行が「ケータイの広告戦略」の章を担当しています。自動車電話に始まる約30年間の携帯電話の(新聞を主とした)広告の歴史を分析。単一商品の、しかもこれほど長期間にわたる広告史はこれまで例がないと思います。
MOBILE
qrcode
いまやったコトがどんどん古くなっていく気がする。

水曜日のカンパネラのコムアイさんがこう言っています
(3月16日の『NEWS ZERO』)。
禅寺の黄檗宗大本山萬福寺でのライブでは、中国について学ぶ
ことから始め、常に「場所の由来から演出を考える」という
独自のアプローチには、常に新しさを求めるスピリットが
隠されているのでしょうか。独特の歌詞の世界以上に、
言葉そのものを大切に扱う彼女の姿勢がとても好きです。

 

常に新しくあることの意味を、改めて思いました。

JUGEMテーマ:芸術家の名言

 

| クリエイティブ&アート | 07:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
新しいコトをやらないと、現状維持できない。

ミュージカル俳優の井上芳雄さんの言葉です
(2月25日の『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』。)
「新しい分野にチャレンジして『誰だこいつ下手だな』とか
言われながら、その世界のことを持ち帰る経験を積み重ねる」
という言葉は、誰も真似できるコトではありませんし、あまり
聞く言葉ではありません。この言葉に出合って、井上さんの
活動に、ますます興味が湧いてきました。いま、未体験の分野で

 

新たなチャレンジをしている私にも勇気を与えてくれました。

JUGEMテーマ:芸術家の名言

 

 

| クリエイティブ&アート | 07:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
流行っているコトと真逆の文章を書いて、         そっちの文章だけで考える。

シューズデザイナーの三原康裕さんの言葉です
(2月18日の『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』)。
この方法、まず流行っているコトを先に書くのだそうですが、
デザイナーとしての三原さんへの興味をよりかきたてられます。
この番組で競演した中村獅童丈も、初音ミクとデジタル歌舞伎で

共演するなど異端の歌舞伎に積極的に挑んでいます。

もちろん、才能があってこその“真逆”だと思いますが。

 

永遠に、この気持ちを失いたくない。

JUGEMテーマ:ビジネスの名言

 

| クリエイティブ&アート | 07:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
誰も見たことのないものをつくりたい。

「それがやりたくてしょうがない」と続くこの言葉は、
蜷川幸雄さんです
(2月4日の『あの人に会いたい』)。
「端っこの方にいる人たちにもちゃんと世界があって、部品には
ならないで、自分がちゃんと自分の世界として主張する」という
演劇の定義に、まさに人生を感じました。そして冒頭のこの言葉、
これこそ、あらゆる創作者が求める究極の目的でしょう。

 

でもそれは、もしかすると一人ひとりの人生かもしれません。

JUGEMテーマ:芸術家の名言

| クリエイティブ&アート | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
ようやくわかりかけてきた気がする。           私はまだ 、進歩している。

ピエール=オーギュスト・ルノワールの最期の言葉です
(2016年9月2日の『新日曜美術館』)。
「人生は不愉快なものばかりだから、これ以上、不愉快な
ものは必要ないんだ」という述懐こそが、あのやわらかな
タッチを生み出したのでしょう。しかし、一生の最期にこの
稀有な芸術家にこんな言葉を紡ぎださせてしまう、人生の
何という深遠さ。もしもそれが人生という存在の真実なら、

私も言いたい、「まだ進歩している」と、2017年。

JUGEMテーマ:芸術家の名言

| クリエイティブ&アート | 10:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/25PAGES | >>