CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ケータイの裏側
ケータイの裏側 (JUGEMレビュー »)
吉田 里織
「ケータイ」の背景にある様々な社会事象を7名の著者が全8章にわたって述べている本書で、私、川中紀行が「ケータイの広告戦略」の章を担当しています。自動車電話に始まる約30年間の携帯電話の(新聞を主とした)広告の歴史を分析。単一商品の、しかもこれほど長期間にわたる広告史はこれまで例がないと思います。
MOBILE
qrcode
売らない。貸さない。壊さない。
岐阜県白川村萩町地区。1960年代のダム開発で、白川郷の
多くの集落が補償金を得てあの独特の茅葺屋根を手放すなかで
この地区だけは補償金とは縁がなく、冒頭の3原則を守りながら
観光に生きる決意をしたのです
(15年12月4日の『新日本風土記/白川郷_世界遺産の里
合掌造り屋根の謎』)。
「結」という助け合いの組織と白川郷の文化が「何よりも好き」。

日本が誇る世界遺産は、こうして奇跡的に保存されたのです。

JUGEMテーマ:日本オリジナル
| 歴史 | 06:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
毒という姑息な手段など使わず、合戦で挑む。

秀忠を饗応した折り、「毒を盛る」と疑われた伊達政宗が、
いまはもちろん、(豊臣家との争いが残っていた)10年前でも
毒を盛るなどという手段は使わないと決然と言い放った言葉です
(2月23日の『BS歴史館 シリーズ 激論!戦国の真実
「華麗なる独眼竜・伊達政宗』)。
いかにも政宗らしい、と思ったのは秀忠も同じだったと
いわれますが、政宗の迫力が伝わってくる言葉です。この政宗、

大地震にもめげず慶長遣欧使節を実現したことでも知られています。

JUGEMテーマ:歴史


 

| 歴史 | 09:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
花があること。水路があること。                          どこの路地からでも富士山が見えること。
阿川佐和子さんが、杉浦日向子さんから聞いたという“江戸の
町づくりアンケート”の上位3項目を紹介していました
(昨夜の『ラジオ深夜便』ミッドナイトトーク)。
古典落語を演じたこともある私は、江戸っ子の心意気に憧れる点
多しと思いますが、この3項目、何ともいいじゃありませんか。
なんか、今年訪れた静岡県三島の町並を思い出しますが、江戸っ子って
人間の基本を失っていない気がして興味をそそられます。

交通アクセスなんて言っちゃいけません。歩けばいいんです。
JUGEMテーマ:日本オリジナル


| 歴史 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
私はこの民族だけは滅びてほしくないと願う                         民族がある。それは日本民族だ。
そう語ったフランスの詩人、ポール・クローデルの言葉を紹介
したのは、安藤忠雄さんです
(3月31日の『日本経済新聞』朝刊/私の履歴書)。
この言葉、やはり詩人のポール・ヴァレリーに言ったそうです。
ここにはクローデルが「滅びてほしくない」と思った日本民族の
資質は書かれていません。しかし恐らくそれは、岡本太郎の言った
日本人が失った精神ではないかと思うのです。

その精神こそ、滅びてほしくはありません。
JUGEMテーマ:日本オリジナル
| 歴史 | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
あっぱれ勇ましく戦います故。                          ご心配なされませぬよう。
赤穂浪士による吉良上野介義央邸への討ち入りは、いまから308年前の
元禄15年12月15日(旧暦ですが)のちょうどこの時刻だったようですが、
昨夜の「歴史秘話ヒストリア」は「忠臣蔵・男たちの『さよなら』」と
題し、四十七士が愛する人に宛てた手紙の文面を紹介していました。
冒頭の言葉は、大高源五忠雄が母に宛てた手紙の一節。木村岡右衛門
貞行は妻に「武士の家に生まれた以上、主が死んでも嘆き悲しむな」
という意味の言葉を送りました。一つひとつが、美しいほど哀しい。

言葉の裏の震えるような心が、愛すべき人間臭さにあふれていました。
JUGEMテーマ:歴史
| 歴史 | 04:00 | comments(0) | trackbacks(1) |
| 1/1PAGES |