CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ケータイの裏側
ケータイの裏側 (JUGEMレビュー »)
吉田 里織
「ケータイ」の背景にある様々な社会事象を7名の著者が全8章にわたって述べている本書で、私、川中紀行が「ケータイの広告戦略」の章を担当しています。自動車電話に始まる約30年間の携帯電話の(新聞を主とした)広告の歴史を分析。単一商品の、しかもこれほど長期間にわたる広告史はこれまで例がないと思います。
MOBILE
qrcode
ファッションって、その人のコンプレックスを       隠す鎧のような効果がある。

そう語ったのは、ストリートフォトなどに刺繍を施すという
手法のアートで頭角を現す清川あさみさんです
(3月25日の『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』)。
「その人の変身願望、隠したい願望がその人の個性」と語る
清川さんだからこそ改めてファッションの核心を衝いた
この視点が生まれたのでしょう。この言葉は、人間の弱さを
正面から見つめています。そしてそれは、一つの真実です。

 

そんなファッションが、H&MやZARAで、いいはずがありません。

JUGEMテーマ:ファッション

 

| ファッション | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
服装は生き方である。

イブ・サンローランの言葉です、その通り!
(3月22日の『ザ・クローゼット』)。
ニューヨーク・ブルックリンに住む婦人は「行く場所によって
服を選ぶから自ずと人生になる」と語っていました。私も
生き方と重なるほど服は重要だと思います。言い直せば、服とは
それだけ人間の精神の在り方と密接に関わっているのです。
それは人間が秘める弱さでもあり、強さでもあります。

 

そんな服が、ユニクロで、いいはずがありません。

JUGEMテーマ:ファッション

 

| ファッション | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
ラフォーレの前は戦場ですね。

MILK、MILKBOYのディレクターである大川ひとみさんが、
「ラフォーレ(原宿)前の交差点では毎日、可愛いコを見る。
それで自分も負けちゃいけないって思う」と言った後で、
秋元梢さんが返した言葉です。
(2016年9月25日の『CHINTAI TOKYO DISTRICT』)。
大川さん、もうすぐ古希なのですが、その容姿からも
言動からも、年齢は伝わってきません。

このスピリットにこそ、若さの源泉がある。

JUGEMテーマ:ファッション

| ファッション | 06:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
スエットパンツは、敗北者の印です。           自分の生活をコントロールできないから、         人はスエットパンツを穿くのです。
カール・ラガーフェルドの言葉です
(『ブルータス』4/1号)。
スエットパンツを穿かない、という人の方が珍しいと思われる
昨今、もちろん私も(自宅内に限って)穿いています。
だからこの言葉をそのまま肯定はできないのですが、
ファッションが精神に影響を与えるのは確かですね。
精神の欠落を補うもの、という主張もありました。

それが柳井さんの言う「部品」でできるか、は疑問ですが。
 
JUGEMテーマ:ファッション

| ファッション | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
You can't judge a book by its cover.
Cafe NESCAFEで本を選びながら、秀島史香さんが言った言葉です
(2月11日の『MEET AT BOOK CAFE』)。
表紙で本の中身を判断することはできない。
私はタイトルを重視するもの、ブックカバーで中身を判断する
ことはありません。この種の方は多いと思いますが、そもそも
この格言、本という存在を借りたコミュニケーション論ですね。
外見だけでは人やものの中身を判断できない。しかし、

中身がファッションに表れることもあります。難しいですね。

JUGEMテーマ:人生訓 
| ファッション | 07:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>