CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ケータイの裏側
ケータイの裏側 (JUGEMレビュー »)
吉田 里織
「ケータイ」の背景にある様々な社会事象を7名の著者が全8章にわたって述べている本書で、私、川中紀行が「ケータイの広告戦略」の章を担当しています。自動車電話に始まる約30年間の携帯電話の(新聞を主とした)広告の歴史を分析。単一商品の、しかもこれほど長期間にわたる広告史はこれまで例がないと思います。
MOBILE
qrcode
<< どんないいピッチャーでも、                         粘っていけば分かんないんですよ。 | main | 「得も言われぬ味」と、物書きなら絶対に書くな。 >>
You are happy,I’m happy.
コピーライター、版画家を経て「一度も植民地になったことがない日本」が
ベストセラーになったデュラン・れい子さんの旦那様の口癖だそうです
(『地震がくるといいながら高層ビルを建てる日本』)。
「あなたがやりたいようにやってハッピーなら、僕もハッピーなんだよ。」
スウェーデン人と結婚後、オランダ、ブラジルと移り住んだデュランさんは、
この言葉のお陰で大きな危機をくぐり抜けてきたと言います。そして、
多民族のなかで暮らす外国では、根底にこんな思想を感じると書いています。

レジで買い物の少ない老夫婦に順番を譲るという旦那様が素敵でした。
| 女と男(夫婦) | 00:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:01 | - | - |
コメント
かおり様、いつもコメントありがとうございます。

「意外に日本人だけが知らない日本史」は読んだことがないのですが、すごい偶然ですね。
この言葉、「結婚についての名言」というテーマ通り、あくまで夫婦の関係として捉えました。この「いいコトバ」でも「利他」という考え方を時々紹介していて、これは誰にでも「You are happy」と思うようなものですが、なかなかこうはいきません。経営の基本としてこの考えを述べる著名経営者もいるのですが、私はとてもそこまでは到達できません。
ただ、夫婦の関係は確かに「You are happy,I’m happy.」が基本ではないかと思います。
またコメント待っています。ありがとうございました。
| 川中紀行 | 2009/10/28 8:33 PM |
偶然にもちょうど昨日、デュランれい子さんの「意外に日本人だけが知らない日本史」を読み終えたばかりでした。

相手の幸せを思える人でありたいですし、そう思える相手の傍にいれること自体がhappyなことなんでしょうね。

| かおり | 2009/10/26 9:09 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://present-inc.jugem.jp/trackback/1402
トラックバック