CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ケータイの裏側
ケータイの裏側 (JUGEMレビュー »)
吉田 里織
「ケータイ」の背景にある様々な社会事象を7名の著者が全8章にわたって述べている本書で、私、川中紀行が「ケータイの広告戦略」の章を担当しています。自動車電話に始まる約30年間の携帯電話の(新聞を主とした)広告の歴史を分析。単一商品の、しかもこれほど長期間にわたる広告史はこれまで例がないと思います。
MOBILE
qrcode
<< You are happy,I’m happy. | main | この絵は詩である。 >>
「得も言われぬ味」と、物書きなら絶対に書くな。
角田光代さんが、開高健さんのこの言葉を紹介していました
(17日の『週刊ブックレビュー』開高健特集)。
開高さんは「筆舌に尽くし難い」も、きっとこう言われるのでしょう。
私も似たような言葉を書いている気がします。いけません。つまり、
開高さんは、物書きなら言葉でその味に迫れ、と断じるのです。
ステレオタイプな表現なら、頭を使わず書くことができます。でも、
別の言い方を探せば苦しみが生まれる。いま衣食住遊の各分野の体験に

「楽しむ」が頻繁に用いられます。日本人なら区別して言うべきです。
JUGEMテーマ:日本語
| コミュニケーション(言語) | 00:50 | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 00:50 | - | - |
コメント
タヌキさま、コメントありがとうございます。

そうですね「書き手のこだわり」でしょうか。
お時間ありましたら、またご覧ください。
この度はありがとうございます。
| 川中紀行 | 2016/06/21 6:56 PM |
それは単に書き手のこだわりであり、批判するべき事ではないと思いますが・・・
文字数や行数の制限がありますからね。
特に商業誌では!
| タヌキ | 2016/06/21 6:45 PM |
明宏訊さま、この度はコメントありがとうございます。

ブログ等、拝見しました。
小説を書いておられるのですね。

「読者の想像力が下降線を辿っている」という指摘は、
昨今のテレビCMへの過剰反応にも感じます。
しかし、その定型句に頼るにしても、リテラシー自体が
下がっているのですから、考えることは多いです。

また、コメントお待ちしています。
この度はありがとうございます。
| 川中紀行 | 2014/02/02 9:57 PM |
読者の想像力が下降線を辿っている今、わかりやすい定型句が求められているような気がします。
定型句を10のうち9使うとすれば、1くらいならば、文章書きに与えられる贅沢として、想像力を駆使した表現の楽しみが許されると思っています。
| 明宏訊 | 2014/02/01 12:57 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://present-inc.jugem.jp/trackback/1403
トラックバック
葡萄の涙
 コーヒーゼリーの中に煌めくもの。  一閃する光。  気が付く間もなくダークブラ
| 壺中方丈庵 | 2013/05/31 8:19 PM |