CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ケータイの裏側
ケータイの裏側 (JUGEMレビュー »)
吉田 里織
「ケータイ」の背景にある様々な社会事象を7名の著者が全8章にわたって述べている本書で、私、川中紀行が「ケータイの広告戦略」の章を担当しています。自動車電話に始まる約30年間の携帯電話の(新聞を主とした)広告の歴史を分析。単一商品の、しかもこれほど長期間にわたる広告史はこれまで例がないと思います。
MOBILE
qrcode
<< 「得も言われぬ味」と、物書きなら絶対に書くな。 | main | タコ紹介。 >>
この絵は詩である。
かのフィンセント・ファン・ゴッホが、ジャン=フランソワ・ミレー「晩鐘」を
表して語ったという言葉です
(17日の『美の巨人たち』)。
名画を前にすると、鮮やかでリアルな情景が浮かんだり、時にリズム
感じたりすることがあります。そんな瞬間を、ゴッホは「詩」にたとえたので
しょうか。ミレーの「晩鐘」を、私はまだ直接、鑑賞したことはありませんが、
実物の迫力を一度見てみたいものです。そして名画が放つ気を感じてみたい。

詩のような料理、詩のような時間、詩のような風景なんていうのも素敵ですね。
JUGEMテーマ:芸術家の名言
| イマジネーション(想像力) | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:01 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://present-inc.jugem.jp/trackback/1404
トラックバック