CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ケータイの裏側
ケータイの裏側 (JUGEMレビュー »)
吉田 里織
「ケータイ」の背景にある様々な社会事象を7名の著者が全8章にわたって述べている本書で、私、川中紀行が「ケータイの広告戦略」の章を担当しています。自動車電話に始まる約30年間の携帯電話の(新聞を主とした)広告の歴史を分析。単一商品の、しかもこれほど長期間にわたる広告史はこれまで例がないと思います。
MOBILE
qrcode
<< 書けても書けなくても                         1日1回は机の前に座れ。 | main | 面倒くさい道を選んだ方が成功する。 >>
でも、どうしても困ったら大声で呼べ。                        お父っつぁまが助けに行く!
山本覚馬(西島秀俊)が、見知らぬ土地に嫁ぐ娘
みね(三根梓)に言った言葉です
(10月13日の『八重の桜』)。
明治時代の父だから、それは権威があった。目が不自由に
なってより内に閉じこもった覚馬だから、なお怖い。
その覚馬の口からこんな言葉が放たれた底には、恐らく
実の母(長谷川京子)を取り上げた悔恨があったのでしょう。

見事な覚馬の覚悟でした。

JUGEMテーマ:八重の桜
 

| 人生(親子) | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:44 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://present-inc.jugem.jp/trackback/2606
トラックバック