CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ケータイの裏側
ケータイの裏側 (JUGEMレビュー »)
吉田 里織
「ケータイ」の背景にある様々な社会事象を7名の著者が全8章にわたって述べている本書で、私、川中紀行が「ケータイの広告戦略」の章を担当しています。自動車電話に始まる約30年間の携帯電話の(新聞を主とした)広告の歴史を分析。単一商品の、しかもこれほど長期間にわたる広告史はこれまで例がないと思います。
MOBILE
qrcode
竹山といると、やりやすい。               そういう仕事をやりたい。   

カンニング竹山さんの言葉です
(2月5日の『ボクらの時代』)。
仕事をつき詰めると、こういうことになるのかと思いました。
一緒に仕事をする人に「お前とだと仕事がやりやすい」と
思わせるには、その人が仕事をやりやすくなるような配慮が
求められるということです。竹山さんは、一つの番組に関わる
あらゆる役割の人たちを想定して、この言葉を発していました。

 

そういう視点から見ると変わることって、いろいろあります。

JUGEMテーマ:ビジネスの名言

| ビジネス(企業外) | 07:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
誰も見たことのないものをつくりたい。

「それがやりたくてしょうがない」と続くこの言葉は、
蜷川幸雄さんです
(2月4日の『あの人に会いたい』)。
「端っこの方にいる人たちにもちゃんと世界があって、部品には
ならないで、自分がちゃんと自分の世界として主張する」という
演劇の定義に、まさに人生を感じました。そして冒頭のこの言葉、
これこそ、あらゆる創作者が求める究極の目的でしょう。

 

でもそれは、もしかすると一人ひとりの人生かもしれません。

JUGEMテーマ:芸術家の名言

| クリエイティブ&アート | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
人は笑うために生まれてきた。

そう語ったのは、宇梶剛士さんです
(2月4日の『ザ・インタビュー〜トップランナーの肖像』)。
拓大一高時代はプロのスカウトも来る豪速球投手として知られて
いた宇梶さんは、部内で濡れ衣を着せられ、自暴自棄になって
気づけば暴走族のリーダーになっていました。この言葉には、
そんな境遇にあった“笑えぬ”青春時代が投影されているので
しょうか。宇梶さんは、微笑まれてきたから笑える、と語ります。

 

人生の原点は、またしても「笑い」だと思いました。

JUGEMテーマ:人生訓

| 人生(楽観) | 08:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
苦しまない先には何もない。

そう語ったのは、三浦知良さんです
(2月3日の『日本経済新聞』朝刊/サッカー人として)。
カズのグアムキャンプの模様が毎年、紹介されますが、
50歳にして過酷なトレーニングに挑む情熱にいつも刺激されます。
「理論的に正しい“楽”ならいつでもできる」という発言には、
科学的な理論を超越した何かが「苦しみ」にあると思わせます。
理論が基本のアスリートの練習法において「苦しみ」とは何か。

「そこ(楽)には成長もない気がしてね」。だからこその「苦しみ」か。

JUGEMテーマ:スポーツの名言

 

| スポーツ(日本人男性/選手:サッカー) | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
走った距離は裏切らない。

気温30度を超える酷暑のアテネオリンピック・女子マラソンで
金メダルを獲得した野口みずきさんの座右の銘です
(2月1日の『賢者の名言』)。
距離が減る若手の練習法に、自分の故障が長距離練習にマイナスの
印象を与えたかもしれない、と語る野口さん。この言葉は、そんな
日本長距離界への提言も含まれています。しかし「裏切らない」のは、
切った野菜、奨めた人数、打った釘など他の職業にもつながるのでは。

 

こなした仕事は裏切らない。世の中のあらゆる場所で。

JUGEMテーマ:スポーツの名言

 

| スポーツ(日本人/女性) | 06:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/647PAGES | >>